オーストラリアの国立公園―自然溢れる観光地・自然遺産4選


オーストラリアは、多くの方がご存知の通り南半球に位置する大陸です。四方を海で囲まれた島国のため、多くの特殊な動物たちが生息し、その動物たちと生息地の豊かな自然を国中の人たちが自ら守ろうと努力をしています。そんなオーストラリアの国立公園には、自然遺産や文化遺産がたくさん残されているため、19件もの世界遺産がユネスコにより登録されています。世界に誇るオーストラリアの国立公園をご紹介しましょう。

グレート・バリアリーフ 自然遺産

美しい海と世界最大の珊瑚礁地帯を持つグレート・バリアリーフ。ダイビングをする人なら、一度は訪れたいと思う場所の一つでしょう。この海はサンゴ礁だけでなく、絶滅危惧種が安心して暮らせる場所なのです。ダイビングスポットとしてはあまりにも有名です。

・交通:シドニーからハミルトン(グレート・バリアリーフ)までは空路2.5時間

シェル・ビーチ

シャーク・ベイ世界遺産の一部であるシェル・ビーチは、砂浜が全てが貝で出来ている「貝浜」です。砂ではなく全てが貝のビーチは世界的にも二か所しかありません。世界的に希少な場所なので、単なる観光とは違った貴重な体験ができるでしょう。

・交通:シャーク・ベイ オーストラリア西部の都市 パースから北に約830km

ウルル・カタ・ジュタ国立公園

オーストラリア大陸のほぼ中心にあるといえば、ウルル・カタ・ジュタ国立公園。この国立公園のメインは何と言ってもエアーズ・ロックです。オーストラリアの中でも1,2を争う人気観光地とも言えるでしょう。エアーズ・ロックはカタ・ジュタの奇岩群の中の一つです。そしてアボリジニの聖地として大切に守られています。

・交通:主要都市から国内線がエアーズ・ロックへ就航。※日本からの直行便はないので、ほかの空港から乗り継ぐ必要があり。エアーズ・ロックからは定期バス

グレーター・ブルー・マウンテンズ

シドニーから西へ約80kmの場所に位置し、オーストラリアの自然遺産としても有名です。91種類ものユーカリの木が自生しており、ユーカリの森が広がっています。大量のユーカリが空気中に放出する油分が太陽の光を反射し、山々を青く色づかせるためこの名前がついたのだそうです。ここにも奇岩があるのですが、3つの頂点を持つ奇岩スリーシスターズからの眺めは、圧巻です。

・交通:シドニーから車で1時間半

前へ シンガポールお買い物ランキング|人気のお土産・雑貨TOP5
次へ カンボジアの絶景スポット:カンボジアの名所や世界遺産より