秋の散策にぴったり! 紅葉スポットに近い家



秋が深まるにつれ、楽しみになるのが紅葉シーズンの到来。「今年はどこへ見に行こうか」と、旅行の計画を立てている人も多いのではないでしょうか。自分のスタイルで気ままなスケジュールを組みたいなら、宿泊先は家をまるごと貸し切り出来るバケーションレンタルで選ぶのがいちばん。豊富なラインナップを誇るホームアウェイ(HomeAway)なら、紅葉の名所からアクセスが便利な家が充実しています。家族や友人と利用したい、紅葉散策が楽しみな家を紹介します。

デートにぴったりのゴールデンロード/外苑前 銀杏並木

青山通りから明治神宮外苑へと続く約300mの銀杏並木。道の両脇に合計146本のイチョウが立ち、高いものは20m以上と貫禄たっぷり。紅葉シーズンは例年11月下旬〜12月上旬で、黄葉をたくわえた枝々が黄金のトンネルを作ります。地面を絨毯のように覆う落ち葉も風情があります。

東京の紅葉巡りに便利なスタイリッシュルーム/東京

銀杏並木まで徒歩約10分。新宿や渋谷、秋葉原へのアクセスが良く、新宿御苑や明治神宮は徒歩圏内。都会の紅葉散歩を楽しむには絶好の環境といえます。タオルをはじめシャンプーなどアメニティグッズが用意され、ホテルの一室のように快適に過ごせます。

2部屋ある寝室には、それぞれ2名が寝られるベッドが備えられています。最大滞在者数は5名なので、1家族や少人数のグループ向けです。

千駄ヶ谷駅から徒歩約5分のアパートは、1泊7,580円。2人を超えると1人あたり3,216円の追加料金がかかるので、5人で泊まると1人あたり約3,445円です。

日本でいちばん早く訪れる大パノラマの錦秋/大雪山

北海道の中央部に連なる山々の総称が大雪山。全国に先駆けて木々が色づくスポットとして知られ、赤や黄に染まる広葉樹と、緑を残す針葉樹が絶妙な色のコラボレーションを見せてくれます。紅葉シーズンは例年9月上旬〜10月上旬で、今まさに真っ盛り。旭岳や黒岳のロープウェイからの眺めが抜群です。

のどかな田園地帯に佇む木造洋風ハウス/北海道

大雪山を見上げる一軒家。札幌時計台を思わせるような洋風建築で、レトロな雰囲気にどこか懐かしさを感じます。庭では高山植物や山野草が花を咲かせ、秋は森の広葉樹が色づく頃。富良野や美瑛の紅葉スポットが近いほか、旭川駅や旭川空港からアクセスしやすいのが魅力です。

暖炉を中心としたリビングは、家族や友人とくつろぐのにもってこいのスペース。寝室は2部屋あり、窓から四季の風景を楽しむことができます。

千代ヶ岡駅から徒歩約5分の一軒家は、1泊10,000円。1人を超えると1人あたり6,000円の追加料金がかかるので、5人で泊まると1人あたり6,800円です。

大雪山の連峰を見据えるモダンな貸別荘/北海道

富良野のリゾートエリアにある一軒家。北東の方向に富良野岳や十勝岳を眺め、周囲にはラベンダー畑や公園など、季節の風景に親しめるスポットが点在しています。2つの同じタイプの宿泊施設が隣り合わせに並んでいて、両方を貸し切ることもできます。

白を基調に暖色のカーテンを配したダイニングキッチンは、調理や食事をしながら会話が弾む心落ち着くスペース。2部屋の寝室ほか、2か所のバスルームと3か所のトイレが備わっています。

富良野駅から車で約10分の一軒家は、1泊42,000円。4人で泊まると1人あたり10,500円です。

冠雪後の三段紅葉は息を呑む美しさ/白馬・栂池

日本アルプスのスキー天国として人気の白馬。栂池高原や八方尾根など紅葉の名所が充実し、ハイキングコースやロープウェイから美しい景色を鑑賞できます。紅葉シーズンは例年9月下旬〜10月下旬で、これから色が深まる頃。10月に初雪が降ると、頂上は雪の白、中腹は紅葉の赤、麓は針葉樹の緑と、山が三色に染まります。

大自然を身近に感じる木々に包まれた山荘/長野

白馬村の中心地にあるコテージ。外壁に木材をあしらった山小屋風の造りが、高原での休暇を贅沢に演出します。目の前には八方山がそびえ、栂池高原も目と鼻の先。紅葉トレッキングに挑戦したあとは、周辺に点在する温泉でほっこりと疲れた体をほぐすことができます。

室内は壁紙から家具類までナチュラルトーンにまとめられ、癒しの空気が漂っています。ベッドルームは2階に2部屋あるほか、それぞれの階にトイレとシャワールームが備えられています。

白馬駅から車で約10分コテージは、1泊36,720円。4人で泊まると1人あたり9,180円です。

古都を染め上げる悠久の紅色/京都

日本随一の紅葉スポットとして、国内外から観光客が集まる京都。舞台からの眺めが見事な清水寺をはじめ、苔むした庭園に心和む三千院、回廊から木々を見下ろす東福寺など、市内全域に名所が点在しています。紅葉シーズンは例年11月下旬〜12月上旬。ライトアップも見逃せません。

料亭を改装したエキゾチックな京町家/京都

京都市東山区の一軒家。清水寺や八坂神社、高台寺などが徒歩圏内で、夕食がてら気軽にライトアップ鑑賞へ出かけられるのが魅力。金の屏風や水墨画の掛け軸、風神雷神図が描かれた襖など、豪奢な調度品がふんだんにあしらわれ、外国人観光客に喜ばれること間違いなしです。

居間の奥には坪庭が続き、窓から四季の草花を愛でることができます。キッチンには料亭時代のカウンターテーブルが残り、京料理や地酒を楽しむのに格好の空間。寝室は3部屋あります。

祇園四条駅から徒歩約12分の一軒家は、1泊45,900円。6人で泊まると1人あたり7,650円です。

伝統とアートが融合するデザイナーズ古民家/京都

京都市南区の一軒家。京町家をリノベーションした室内には、柔らかな陽が差し込む格子戸など、京都の老舗職人と現代作家のコラボレーションによって生み出されたさまざまな装飾が。京都駅からアクセスがよく、東福寺や東寺は徒歩圏内です。

吹き抜けの天井から吊るされた巨大な提灯は、夜になると暖かい光で屋内全体を照らします。寝室は3部屋あるので、グループや女子旅での利用に最適です。

地下鉄九条駅から徒歩約5分の一軒家は、1泊19,000円。3人を超えると1人あたり3,800円の追加料金がかかるので、8人で泊まると1人あたり4,750円です。

木のぬくもりに包まれた京の伝統的家屋/京都

京都市上京区の一軒家。100年以上前に建てられた京町家をリノベーションしたもので、重厚な梁や柱が支える室内に、障子の戸や畳の間を配置。あちこちで古き良き日本建築の良さを感じることができます。北野天満宮や金閣寺まで徒歩圏内で、嵐山方面への観光にも便利です。

寝室は3部屋あり、最大6人まで滞在可能。ご年配者やお子さんにもきっと喜ばれる部屋なので、家族のお祝いや記念日に利用してみてはいかがでしょうか。

北野白梅町駅から徒歩約10分の一軒家は、1泊36,000円。4人を超えると1人あたり5,000円の追加料金がかかるので、6人で泊まると1人あたり約7,700円です。


*料金は2018年9月26日時点のものです。

*紅葉のハイシーズンは料金が変更される可能性がございます。

前へ 民泊の需要が高まるシーズンに向けて活用したい、予約率アップの裏技「即ギメ予約」ってなに?
次へ セルフクッキング&お持ち帰りグルメを楽しめる! 市場に近い家