カンボジアの絶景スポット:カンボジアの名所や世界遺産より


歴史的な名所が多数存在するカンボジア。とはいえ、まだまだ知られていない観光スポットも意外とあるのです。大自然の壮大さが満載の絶景を見るのはもちろん刺激的な体験ですが、遺跡の背景となるカンボジアで起こった歴史を学ぶことや、美しい自然にじかに触れることの出来るネイチャーアクティビティーもお勧めです。世界遺産鑑賞だけではなく、カンボジアの文化・歴史をより深く知り、カンボジアの太古のまま残る自然に直接触れるということも、カンボジアの観光に深みを与えてくれるでしょう。

もっともっと、カンボジアのことをより深く知るために、この記事ではカンボジアの素晴らしさをビジュアルで伝えていきます。

カンボジアといえば、アンコールワットがやはり代表的。1992年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された900年以上の歴史を持つ遺跡です。水面に映る影との調和が美しい絶景。日の出日の入りの風景はアンコール・ワットの輪郭を際立たせ、太古の世界にスリップしたような不思議な感覚を与えてくれます。

巨大の遺跡が多く並ぶ、アンコール・トム。細かく彫られた遺跡の壁画から、当時の文化、生活、歴史背景を垣間見ることができます。

バイヨン寺院には四面にある「クメールの微笑み」がいくつも見られます。それぞれ違う表情をしているので見比べてみましょう。

巨大な樹木に囲まれているタ・プローム寺院。自然の強さを感じられるスポットです。ハリウッド映画「トゥーム・レイダー」の舞台としても知られています。

「天空の城ラピュタ」のモデルとして知られているベンメリア遺跡。まさに、神秘的な光景を見ることができます。

赤とピンクで染まったカンボジア有数の世界遺産、バンディ・アスレイ遺跡。ヒンドゥー教の複数の物語が細かく刻み込まれています。

人口の3分の1が大量虐殺されたという残酷な過去を持つカンボジア。歴史的大惨事を決して埋もれさせないよう、カンボジアの観光スポットの一つとしてキリングフィールドが開放されています。

熱帯雨林で空中散歩ができるフライト・オブ・ザ・ギボン。ターザンのように木の上から森の奥までカンボジア大自然の絶景を堪能することができます。

Maurizio Biso / Shutterstock.com

黄金に染まったカンボジアのプノンペン王宮。中に輝く黄金玉座が、当時の王の権力を物語っています。

王宮の隣に位置するシルバーパゴダは、カンボジアのプノンペンで最も人気がある仏教寺院です。

カンボジアの文化と芸術を学びに、多くの観光客が訪れるプノンペン国立博物館。アンコール期の彫刻や青銅器など、クメール芸術を象徴する美術品が収集され、年代順に展示されています。

前へ オーストラリアの国立公園―自然溢れる観光地・自然遺産4選
次へ 民泊経験者15%、今後の利用意向は家主不在の丸ごと貸し型40%強とホームステイ型を大きく上回る。