香港で中秋節 (Mid-Autumn Festival) を祝おう


中秋節は、旧暦8月 (中秋) の15日に祝います。元々は家族で豊かな収穫を祝い、お月様を敬うための機会だったこの習慣ですが、今は中国旧正月 (Chinese New Year) についで2番目に大きなチャイニーズホリデーになっています。

香港は華やかでありながら奥深い伝統が根ざしているため、最高の中秋節を経験するのに素晴らしい目的地です。中秋節を楽しみつくす秘訣をここで紹介しましょう。

月餅 (moon cake) を味わおう

Mooncake Assortment
Mooncake Assortment

ご馳走がなければどんな行事も物足りないので、月餅は中秋節のお祝いに欠かせません。伝統的に卵の黄身や蓮の実でつくった餡がつまった丸い形の月餅は、団結の象徴と言われていて、祭りの日には自分で食べることはもちろん、友人や家族に配ります。

冒険をしたいなら、ユニークで現代的な月餅にも挑戦してみてください。洋酒のマティーニや緑茶、焼き豚が入ったものもありますよ。

ファイヤドラゴンダンス (大坑の舞火龍) を観よう

1880年代から、毎年祭りの間に演じられているファイヤードラゴンダンス (Tai Hang Fire Dragon Dance)は、命にかかわる疫病を追い払うためだったのが起源といわれています。300人の出演者によって支えられる、お香の炎が灯った長さ67メートルの龍は一生の記憶に残ること間違いなし。見逃せません。

中秋節にヴィクトリアパーク(維多利亞公園)を訪れよう

Mid Autumn Festival
Mid Autumn Festival

中秋節のお祝いを香港で十分に楽しむためには、ヴィクトリアパーク (維多利亞公園Victoria Park) の中秋節祭りを絶対に訪れてください。マーチングバンドの演奏、民族舞踊、ダンスとアクロバットの繰り返し、若者のバンドやダンスショーケース (色々なジャンルのダンスがつまったショー) 、ジャグリング、香港ポップス、伝統工芸品の実演、すべてをランタンに照らされた景色の中で眺めてみてください。

色鮮やかなランタンを写真に撮ろう

Chinese Lantern Display
Chinese Lantern Display

中秋節は、どこまでも続くランタンの長い列を写真におさめる絶好のチャンスです。その中で最も壮大なものはヴィクトリアパーク (維多利亞公園) ですが、他にも町のあちこちの場所で、工夫をこらしてランタンを飾っています。「2016中秋ランタンディスプレイ (the Mid-Autumn Lantern Festival ) ~私を月へつれていって (Fly Me to the Moon ) ~」は、香港スペース・ ミュージアム (香港太海館) の外で、「2016新界東中秋ランタン カーニバル (the New Territories East Mid-Autumn Lantern Carnival )」を大埔海浜公園 (Tai Po Waterfront Park) でチェックしてください。

ガイドツアーに参加しよう

Lantau Island
Lantau Island

香港が伝統色に染まって輝く中秋節は、ガイドツアーで町をまわるには絶好の機会です。町中がお祝いモードに包まれ、リニューアルしたスカイラインから、海に浮かぶ漁師町の香港仔(アバディーン)やランタオ島の素朴な美しさをながめるのに完璧です。

HomeAwayで、忘れられないHong Kongの旅を中秋節に。

前へ 台湾のお土産といえば:おすすめの名物
次へ ベトナムのビーチでベトナムのひろーい海を満喫|ホームアウェイ ブログ