住宅宿泊事業を推進する業界団体設立に合意 業界団体名称を「住宅宿泊協会」に決定 主要住宅宿泊仲介業者・旅行業者9社の代表が理事に就任 百戦錬磨とHomeAwayの代表が共同代表理事に就任


 

住宅宿泊協会設立準備会は、2019年初旬に住宅宿泊事業を推進する業界団体を設立することについて合意しました。本日2018年12月11日に行われた設立準備会合において、定款等に合意し、業界団体名称を「住宅宿泊協会【英語名:Japan Association of Vacation Rental (通称:JAVR)】」とした上、一般社団法人を2019年初旬に設立するべく必要な手続きを進めていくことを確認しました。

住宅宿泊協会設立準備会は、今年5月より観光庁のご協力を得て、国内外の主要な住宅宿泊仲介プラットフォーム有志が集まり、半年に渡り設立に向けた議論を進めて参りました。

住宅宿泊協会設立準備会は、Agoda International Japan株式会社、Airbnb、株式会社Ctrip International Travel Japan、株式会社スペースマーケット、途家在線信息技術(北京)有限公司、株式会社百戦錬磨、Booking.com Japan株式会社、HomeAway株式会社、楽天LIFULL STAY株式会社の住宅宿泊仲介業者・旅行業者9社(50音順)で構成されており、同9社の代表は同協会の設立時理事に就任する予定です。なお、初代共同代表理事には株式会社百戦錬磨の代表取締役社長 上山康博とHomeAway株式会社の日本支社長 木村奈津子が就任する予定です。

「住宅宿泊協会【英語名:Japan Association of Vacation Rental (通称:JAVR)】」の名称には、海外で認知されている「バケーションレンタル」を英語名で採用することで、国内にとどまらず海外市場(インバウンド需要)に向けても積極的に情報発信していくという意味が込められています。

住宅宿泊事業、住宅施設等を活用した旅館業、国家戦略特区を用いた民泊、住宅宿泊仲介業、遊休建築物等を利活用した宿泊関連事業、イベント民泊等の関連事業の健全な発展に寄与するため、観光庁と連携し同事業の適正な運営の確保、認知向上および制度環境の整備等に向けた活動に取り組むことを通じて、日本の観光産業の発展に寄与することを目的としています。

協会の概要につきましては、以下のとおりです。

 

【協会名称】住宅宿泊協会【英語名:Japan Association of Vacation Rental (通称:JAVR)】

 

【設立予定】2019年1月

 

【代表理事(予定)】

株式会社百戦錬磨 代表取締役社長 上山康博

HomeAway株式会社 日本支社長 木村奈津子

 

【理事※各社代表(予定)】(50音順、代表理事を除く)

Agoda International Japan株式会社

Airbnb

株式会社Ctrip International Travel Japan

株式会社スペースマーケット

途家在線信息技術(北京)有限公司

Booking.com Japan株式会社

楽天LIFULL STAY株式会社

 

【会員】※一般社団法人法上の「社員」資格は、正会員のみ

1.正会員 本会の趣旨に賛同する、登録された住宅宿泊仲介業者もしくはその同一企業グループに属する関係法人、又は旅行業者もしくはその同一企業グループに属する関係法人のうち、理事会が承認した者

2.賛助会員 本会の趣旨に賛同する、正会員以外の住宅宿泊関連事業者、住宅宿泊・バケーションレンタル事業の市場拡大に貢献する意思のある企業・団体・個人のうち、理事会が承認した者

(例)賃貸関連事業者、行政書士事務所、コンサル会社、シンクタンク、保険会社等

3.オブザーバー 本会の趣旨に賛同した自治体のうち、理事会が承認した者

 

【予定している主な活動】

  1. 健全な事業の普及に向けた広報、啓発活動
  2. ホスト・管理者・ゲスト等に向けた教育・研修活動
  3. 仲介事業者に向けた活動(制度理解及び課題の共有のための仲介事業者間での意見交換、勉強会等)
  4. 政府・自治体・国会等の政策関係者に向けた政策提案等

 

前へ 早めのプライスアップデートで、桜シーズンの利益率を最大化!
次へ 総合レビュー評価★4.8以上! 旅行会社での経験を活かし、ホスピタリティあふれる物件を運営する 福岡の“スターホスト”に学ぶ、旅行客を満足させる方法とは