2019年の料金設定の参考に!訪日外国人が増える各国の長期休暇カレンダーをチェック


民泊新法の施行など、業界の転機となった2018年も残りわずか。皆さま今年もありがとうございました。来年もホストの皆さまへのサポートをより充実させていきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

さっそくですが、2019年の収益率アップを目指すべく各国の長期休暇を調べました。このカレンダーをもとに、海外からのお客様がいつ増えるのかを予測。需要がありそうな時期の宿泊料金を高く設定するなど、プライスアップデートの参考にしてください。

2月5日(火)前後……旧正月(春節)
[中国、台湾、香港、韓国など]

2019年の旧正月(チャイニーズニューイヤー)は2月5日(火)。中国台湾は前後の休みと土・日曜を合わせて9連休になります。韓国の旧正月はソルラルと呼ばれ、前の土・日曜と合わせると5連休になります。

中国……2月2日(土)~2月10日(日)

台湾……2月2日(土)~2月10日(日)

香港……2月5日(火)~2月7日(木)

韓国……2月2日(土)~2月6日(水)

4月5日(金)~4月7日(日)……清明節
[中国、台湾、香港]

4月5日(金)の清明節に土・日曜を加えた3連休は、桜のシーズンと重なるため訪日需要が高まりそう。台湾では4月4日(木)の児童節も祝日なので4連休になります。

4月13日(土)~4月16日(火)……タイ旧正月
[タイ]

水かけ祭りで有名なタイの旧正月(ソンクラーン)。日本を訪れるタイ人の数はこの時期に最も多くなります。

4月19日(金)~4月22日(月)……復活祭
[香港、イギリス、フランス、ドイツ、オーストラリアなど]

2019年の復活祭(イースター)は4月21日(日)。4月19日(金)の聖金曜日から4月22日(月)のイースターマンデーまでの4連休になります。アメリカではイースターは祝日には制定されていませんが学校は休み。この時期に合わせて長期休暇をとる人も多いようです。

8~9月頃……夏休み
[世界各国]

どの国も夏休み(サマーバケーション)は日本を訪れる観光客が増えます。国やエリアによってピークシーズンが異なるので注意が必要です。

中国香港台湾韓国フランスドイツ……7~8月

タイ……10月

アメリカ……6月中旬~8月

イギリス……7月~9月上旬

10月1日(火)~10月7日(月)……国慶節
[中国]

中国の国慶節は7日間の長期休暇です。香港では10月1日(火)が国慶節。台湾では10月10日(木)が国慶節、10月11日(金)が振替休日となり、土・日曜を加えて4連休になります。

12月~1月頃……夏休み
[オーストラリア]

南半球のオーストラリアでは12~1月頃が夏休みにあたり、この時期に日本を訪れる人が増える傾向にあります。

いかがでしたか?2018年の訪日外国人は3000万人を超えるといわれ、2019年はさらなる増加が予想されています。ご自分がお持ちの家に、どの国やエリアからのゲストが多いかを確認し、需要に合わせた料金設定で収益率アップを目指してください。

前へ 2019年の初詣は旅先で! 新年のお参りにおすすめの宿
次へ アンバサダーの バケーションレンタル体験記~憧れの家で過ごす休日~