早めのプライスアップデートで、桜シーズンの利益率を最大化!


「日本の象徴」「日本の心」なんていわれる桜は、今や日本人だけでなく訪日外国人をも魅了する観光資源。可憐に咲き誇る花を見ようと、桜の開花時期に合わせて訪れる外国人観光客が増えているんです。この時期、桜の名所へのアクセスがよい宿泊施設はどこも混雑します。お花見需要に早めに対応できるよう、今回は桜シーズンに合わせた特別料金の設定方法をご紹介します。

桜シーズンの料金設定は、地域ごとの開花時期の違いも考慮に入れましょう

観光客が増える桜の開花時期は、特別料金を設定して利益率をアップさせましょう。外国人観光客の予約は早いので、後回しにしていると料金設定をする前に予約が入ってしまうことも。なるべく早めに特別料金の設定をすませておくことをおすすめします。

桜シーズンといえば3月下旬~4月上旬というのが一般的ですが、エリアによっては異なるので注意が必要です。例えば沖縄本島の桜は1月中旬~2月上旬に満開になりますし、北海道は4月下旬~5月上旬あたりがピーク。例年の開花時期を確認して価格を設定してください。桜の名所に近い家では、写真や文章でしっかりアピールしておくことも大切です。

ハイシーズンの特別料金の設定方法

特別料金はリスティングのカレンダーから設定します。具体的には下記の2ステップをご確認ください。

1.「リスティングの編集」からリスティングのカレンダーを表示。カレンダーをクリックして料金を変更したい日程を選択します。

2.もう一度、カレンダーをクリックすると料金設定のポップアップが出てくるので、希望の金額を記入して「設定する」ボタンをクリックします。

この方法以外に、右上の「日付範囲指定」からも料金を変更できます。こちらも2ステップの簡単設定。

1.「日付範囲指定」の「日付選択」ボックスをクリックすると、カレンダーが表示されるので料金を変更したい日程を指定します。

2.「料金」のボックスに希望の金額を入れ「設定する」ボタンをクリックすれば新しい金額が反映されます。

料金は1日から変更できるので、桜のシーズンのなかでも平日と週末の料金に差をつけるなど、工夫をして利益率アップを目指してください。

前へ 好きな遊びをとことん楽しむ!趣味友と泊まる家
次へ 住宅宿泊事業を推進する業界団体設立に合意 業界団体名称を「住宅宿泊協会」に決定 主要住宅宿泊仲介業者・旅行業者9社の代表が理事に就任 百戦錬磨とHomeAwayの代表が共同代表理事に就任