夏休み、ファミリー&グループ旅行にぴったりの家10選


みなさん、今年の夏休みの予定は決まりましたか?家族や友達とのグループ旅行なら、一軒家やコンドミニアムを借り切って、ストレスフリーな旅を体験してみるのはいかがでしょう?
バケーションレンタル最大手のHomeAway(ホームアウェイ)には、プライベートプール付きのヴィラから都心の便利なマンションまで、多彩な家が揃っています。夏休みに過ごしたい、ファミリー&グループ旅行にぴったりの家を紹介します。

ワイキキビーチへ徒歩6分の快適コンドミニアム(ハワイ)

まずは子供連れでも過ごしやすいハワイのオアフ島からご紹介しましょう。ワイキキの中心部に立つコンドミニアムなのですが、ビーチまでは徒歩6分と少し静かなエリアにあります。共用プールがあるので、子供はここでのんびり過ごすのがよさそう。スーパーやショッピングセンターも徒歩圏内に点在し、ワイキキを楽しむには最適なロケーションです。

ベッドルームが2室と広々としたリビングという余裕のある造り。それぞれの部屋にトイレと洗面台が備わっています。ソファベッドなどを使えば最大7人まで泊まれるので、ファミリーはもちろん、グループでの旅行にもよいでしょう。

キッチンには炊飯器や子供用の食器なども完備。また屋上にバーベキューエリアがあるので、潮風が心地よいオープンエアのスペースで、楽しく肉を焼く!というのも優雅な休日らしくていいですね。

ワイキキの素敵な拠点は1日あたり24,500円。7人で泊まれば1人あたり3,500円です。

市街地を見渡すプール付きの高層マンション(シンガポール)

シンガポールの市街地を一望する、高層マンションの一室。立ち並ぶマンションの合間に緑がバランスよく配置された、落ち着きある住宅地の物件です。地下鉄ノビナ駅まで徒歩約15分。中心部へ出るにも便利です。

ベッドルームは2部屋。いずれも窓が広くとられていて開放感いっぱい。シティビューを楽しみながら、上質なインテリアに彩られた部屋でリラックスできます。

マンションには共用プールやジムも併設。プチ移住気分で、暮らすように過ごしたいマンションです。この家の料金は1泊あたり 18.866円。6人で泊まれば1人あたり約3,200円です。

バリ島、プライベートプール完備のヴィラ(インドネシア)

次はリゾートエリアの家を紹介します。広々としたプライベートプールが付いた、ファミリーも満足な優雅なヴィラです。

このヴィラが立つのは、バリ島南東部のブノア地区。高級リゾートエリアで知られるヌサドゥア地区の北にあたり、同じくホテルが並ぶ落ち着いた雰囲気のエリアです。観光開発されておりファミリーや初めての海外旅行でも安心。ビーチへも徒歩圏内なので、マリンスポーツを楽しむにも最適です。

リビングルームは2階までの吹き抜けで広々とした設計。ところどころに南国を感じさせるインテリアが配されています。ベッドルームは天井が高くリラックスできるデザイン。木目調のインテリアが居心地のよさを演出しています。

この家には毎日8時間の車利用がついています。ドライバーが運転してくれるので、島内観光やショッピングなどアクティブに動き回りたい方には最高のサービスです(ガソリン代別途)。
このラグジュアリーヴィラは1泊あたり22,812円。6人で泊まれば1人あたり約3,800円です。

プーケットのゆったりくつろぎヴィラ(タイ)

タイの人気リゾートエリア、プーケットのヴィラ。このヴィラはプーケット屈指の高級リゾート、ラグーナエリアにあります。大型リゾートホテルが集まるバンタオビーチまでは歩いてすぐ。周辺には雰囲気のよいレストランやカフェが点在しています。

プライベートプールが備わるガーデンは緑に囲まれ、南国リゾートらしい雰囲気。リビングの窓から庭を眺めているだけでもリラックスできそうです。

ベッドルームは3室用意され、どの部屋も広々。シンプルながら高級感のあるインテリアが置かれています。バスルームが3つあるので、グループでの旅行にもぴったり。採光の多い明るい室内は、長く滞在するほどに居心地のよさを実感できるでしょう。

快適性にこだわったヴィラは1日あたり14,841円。6人で泊まれば、1人あたり約2,500円です。

 

シドニー、ビーチへ徒歩2分の便利な家(オーストラリア)

にぎやかな都会と雄大な自然を両方楽しめるのがシドニーの魅力。こちらのコンドミニアムは、地元のファミリーがのんびり過ごすクローベリービーチまで徒歩2分の好ロケーションが魅力です。窓からは美しい海を一望できます!

毎日ビーチでのんびり過ごすのもいいですし、車で約25分のシドニー中心部で食事やショッピングを楽しむのもいいでしょう。周辺にはホテルやレストラン、カフェがあるので、散歩をしながら爽やかなカフェランチというのもおすすめです。

のどかな住宅地に立つアパートは、テラスで過ごす時間も楽しみ。リビングからテラスへのフラットなデザインは、開放感があって居住性抜群。テラスではバーベキューもできますよ。

海も街も楽しめるこの家は1日あたり14,340円。4人で泊まれば、1人あたり約3,585円です。

北谷の夕陽を楽しむマンション(沖縄本島)

ここからは日本の家を紹介しましょう。沖縄本島の北谷町にあるマンションは、アラハビーチまで5分ほどの好ロケーションです。街中にあるアラハビーチは夕日が美しいことで有名。夕方はぜひビーチサイドを散歩してみてください。

真っ白な壁に鮮やかなインテリアが映えるリビングはリゾート感たっぷり。一方でベッドルームはナチュラルな色調でまとめられ、落ち着いて過ごせます。

北谷町の繁華街へも近く、周辺にはアメリカの西海岸をモデルにした美浜アメリカンビレッジなど商業施設が点在。レストランやバーはもちろん、ショッピングにも最適です。

この好立地の物件は1泊あたり14,880円。6人で泊まれば1人あたり約2,480円です。

海まで2分、恩納村のリゾートマンション(沖縄本島)

沖縄本島中部の恩納村は、クリアブルーの美しい海が魅力。マリンスポーツが盛んなことでも知られており、海を舞台にした遊びには事欠かないエリアです。そんな恩納村のビーチから徒歩2分にあるのが、このリゾートマンション。

徒歩3分以内にコンビニエンスストアがあるほかレストランや居酒屋も点在し、観光滞在には最適です。
シンプルなデザインの室内には、布団を敷けば5名まで泊まれるのでファミリーにちょうどよいサイズです。

海遊びに最適なマンションは1泊あたり13,345円。5人で泊まれば1人あたり約2,670円です。

スカイツリーが目の前に立つ家(東京)

東京のランドマーク、スカイツリーのすぐそばにある家。下町に立つビルタイプの一軒家です。4室に8台のベッドが備わるため、グループでの宿泊にぴったり。

ベッドルームには、人気キャラクターのシールなどが貼られていてポップな雰囲気。子供が喜びそうなひと工夫が嬉しいですねですね。

最寄りの地下鉄駅までは徒歩3分。成田空港や羽田空港に直結する都営地下鉄浅草線の駅や人気の浅草エリアも徒歩圏内。周辺をぶらぶら散策するだけで下町情緒を味わえる、東京観光に最適な家です。

アクセス抜群なこの家は、1日あたり21,916円。16人で泊まれば1人あたり約1,370円です。

上野駅至近!好ロケーションのマンション(東京)

動物園や美術館など見どころ豊富な上野公園まで歩いてすぐのマンションをご紹介。ショッピングで有名なアメ横通りや、下町らしい立ち飲み屋、はたまた落語の寄席など、さまざまな魅力に触れられます。

上野駅から徒歩6分なので、成田、羽田の両空港へのアクセスがよくどこへ行くにも便利です。ベッドルームは2つで、4人家族にちょうどよいサイズ。リビングやキッチンもコンパクトにまとまっています。

上野を拠点に動けるマンションの料金は1日あたり11,415円、4人で泊まれば1人あたり約2,860円です。

札幌のスカイビューマンション(北海道)    

最後は夏休み、避暑に訪れたい北海道からです。北海道随一の繁華街、すすきのエリアのすぐ近くに立つマンション。地下鉄すすきの駅まで徒歩約7分、札幌駅へのアクセスもよい立地です。

ベッドルームにはシングルベッドが並べられているので、家族はもちろん同性のグループ旅行にもよさそう。ソファベッドや布団を使えば8人まで泊まれます。

高層階なので、窓からは札幌の街を見晴らすことができます。爽やかで過ごしやすい夏の北海道。このマンションを起点に、北海道各地の小旅行に出かけるのもいいですね。

 

高層階なので、窓からは札幌の街を見晴らすことができます。爽やかで過ごしやすい夏の北海道。このマンションを起点に、北海道各地の小旅行に出かけるのもいいですね。

札幌の拠点になりそうなこの家は、1日あたり17,676円。8人で泊まれば1人あたり2,300円です

前へ 日本で人気上昇中のバケーションレンタル、HomeAwayとAirbnbの違いは?
次へ 話題のバケーションレンタル、ホームアウェイで休日の家を借りる方法【海外編】