夏休みはやっぱり海、BBQ、癒しの全てを楽しみたい! 週末旅、おこもり旅でも満喫できる、沖縄プレミアム民泊物件7選


海遊びもおこもり旅にも沖縄のプレミアム民泊は充実!

6月23日(土)に梅雨が明け、例年通り全国トップで夏本番を迎えた沖縄。太平洋高気圧に覆われることが多く、晴天の日が続くベストシーズン。「そんなこと言っても、もうどこの宿も満室では」と思っている方は、一棟丸ごと貸し物件を豊富に取り揃えているバケーションレンタルサイト、ホームアウェイ(https://www.homeaway.jp)をチェックしてみてください。ファミリーやグループで滞在できるリーズナブルなラグジュアリー物件で、BBQやビーチなどプライベート感あふれる体験ができるのも魅力です。海遊びにも、今人気のおこもり旅にも適した沖縄のおすすめ物件をご紹介します!

ワイドな窓一面に美ら海を映す贅沢ヴィラ/今帰仁村

本部半島北岸から東シナ海を望むヴィラの目の前には静かな崎山ビーチが広がります。 3つのベッドルームにはそれぞれ専用のトイレ&シャワールームがあるので、2〜3家族での利用でもプライベートな空間を確保できます3階のリラックススペースには、ダイナミックなガラス窓が配され、まるで海の上で過ごしているかのような開放感を味わえるのも特徴。BBQスペースやジャクジーを完備し、晴れた日は伊平屋島や伊是名島まで見渡すことができ、夜には、まぶしいほどの星空を見ながら、家族で星座の勉強もできそうです。

1泊125,806円。10人で泊まれば1人あたり約12,580円。ジンベエザメが泳ぐ「沖縄美ら海水族館」やパワースポットで人気の古宇利島は、車で約20分の距離にあります。

うちなータイムが流れるシーフロントヴィラ/今帰仁村

本部半島北側のヴィラ。南国の木々が茂る海沿いに、シーサーの像と赤瓦の屋根が目を引く建物が現れます。周囲には何もなく静かに休暇を過ごしたい人におすすめ。食事は出張シェフやケータリングなどのサービスを利用することもできます。 周囲に視界を遮るものがないので、コバルトブルーの海を独り占め!窓の外にはバルコニーがあり、海風を感じながらBBQを楽しむこともできます。 3部屋あり、すべてオーシャンビュー。そのうち1部屋は、琉球畳が敷かれた和室タイプなので、ベッドが苦手な人も心配ありません。ゴロゴロと寝転びながら海を眺めるのも贅沢な時間です。

1泊40,657円とお手軽価格です。

西海岸の風に包まれるアメリカンハウス/恩納村

リゾートホテルが立ち並ぶ恩納村の一軒家。2階にダイニングキッチンとリビングをひと続きにした広いスペースがあり、気の置けない家族や友人と利用するのに最適な空間です。インテリアは、まるでアメリカのウエストコーストで過ごしているかのような気持ちにさせてくれます。備え付けの大型オーブンを使って、分厚いステーキとビールの夕飯もお楽しみいただけます。3部屋ある寝室の1室は、小さな子供と一緒に布団を敷いて家族みんなで寝ることができる和室になっています。

一泊69,300円で、青の洞窟で有名な真栄田岬までは車で約5分。沖縄本島きっての透明度を誇る海で、カラフルな魚群やサンゴ礁観察をお楽しみください。

那覇から車で行けるリゾート島のビーチハウス/古宇利島

本部半島方面から古宇利大橋を利用してアクセスできる一軒家。リビングから青い海に架かる白いアーチを眺めることができます。人気の古宇利ビーチまでは、徒歩約5分で、水着のまま海水浴やスノーケリングに繰り出すことも可能です。周辺のカフェや飲食店も充実しています。寝室は2部屋で、どちらもダイナミックなオーシャンビュー。夕焼けに染まる海と橋を眺めながら、明日のスケジュールを練るのも楽しみの一つです。

一泊42,916円。ベッドは6つあり、8名まで宿泊が可能です。

沖縄本島観光の拠点にぴったりなシーサイド住宅/うるま市

沖縄本島中部の市街地に建つ一軒家。リビングは広々としており、バルコニーからは金武湾が見晴らせます。周囲にはスーパーや飲食店が充実し、食事を作るにも外食するにも選択肢が豊富。寝室が4部屋あるため、最大11人までと大人数での利用も可能。親戚の家に遊びに来たような、アットホームな雰囲気の中でくつろげます。

一泊10,500円と破格のお値段。那覇方面にも本部方面にもアクセスが便利です。

南十字星が照らす離島の隠れ家/小浜島

サンゴ礁に囲まれた小浜島の一軒家。のどかな島の小高い丘に建っているため、喧騒や雑踏から離れたい人におすすめです。夜になると満天の星が輝き、天の川や流れ星を探すこともできます。徒歩圏内のビーチで波音を聞きながら星空観察などはいかがでしょうか。お部屋は、洋風の明るいデザインで、ファミリーや友人同士でくつろぐことができる温かみのあるスペースです。寝室は2部屋で、それぞれ2台のベッドが備えられています。

一泊28,000円で6名まで宿泊できます。

キャンプ気分が楽しめる南国ログハウス/石垣島

緑豊かな平久保半島の真ん中に位置するコテージ。周囲には、ウミガメが現れる明石海岸や白砂が続くサンセットビーチなど、石垣ブルーを堪能できるスポットが充実。スノーケリングセットや浮き輪、BBQスタンドの貸し出しを行っています。床から天井まで板張りの室内は、キャンプ気分でワイワイと宿泊するのに最適です。そのため、子供連れや若者グループから人気を集めています。寝室は2部屋で、ベッドと布団を合わせ6人まで宿泊可能です。石垣島の中心部からは離れますが、そのぶん静かなロケーションとなっております。

一泊30,200円。徒歩30秒のところに、行列のできる沖縄そば屋さん「明石食堂」があるのも魅力。

※料金は2018年7月6日現在のものです。ホストの設定に伴い、理由なく金額が変更になることがございます。予めご了承ください。

 

バケーションレンタルとは

バケーションレンタルとは、オーナー様が部屋を使用しない期間、コンドミニアムや別荘など、物件を第三者へ貸出するレンタルサービスのことです。バケーションレンタルには、様々な形態がありますが、「ホームアウェイ」は、別荘やコンドミニアムを一棟丸ごと貸し切ることができるので、家族や、友人同士など大人数のグループで贅沢な旅を楽しみたい旅行者に人気です。

前へ ハウスルールをQRコードで簡単に多言語表示できる!Flitto(フリット) QRプレースとは?
This is the most recent story.