どっぷり自然や文化に浸りたい! トレッキング&ハイキングがもっと楽しくなる家


日常の喧騒から離れて森や山へ繰り出すトレッキング&ハイキング。せっかく楽しむのなら、宿泊施設の雰囲気にもこだわりたいですよね。そこでおすすめしたいのが、バケーションレンタル。豊富なラインナップを誇るホームアウェイ(HomeAway)なら、その土地ならではの美景に包まれながら滞在できる家がたくさん。しかも一棟をまるごと貸し切ることができるので、家族や友人と心置きなくくつろぐことができるんです。行楽シーズンに利用したいレッキング&ハイキングがもっと楽しくなる家を紹介します。

人気高原を遊びつくせる素朴なコンドミニアム/新潟県南魚沼郡湯沢町

越後湯沢の山々を見晴らすアパート。苗場スキー場まで徒歩圏内の好立地で、冬はスノースポーツ、夏は山遊びやロックフェスティバルの基地として人気を集めています。徒歩約1時間の三国峠からは、三国山から谷川岳にかけての縦走にチャレンジすることもできます。

寝室は1部屋のみなので、カップルや家族で利用するのがベスト。周辺には苗場プリンスホテルほか飲食店や日帰り温泉が充実し、遊び疲れた体を癒すことができます。

関越自動車道湯沢ICから車で約30分のアパートは、1泊9,980円。1人を超えると1人あたり1,480円の追加料金がかかるので、4人で泊まると1人あたり3,605円です。

木曽路を行く旅人を見守る純和風家屋/岐阜県中津川市馬籠

中山道の宿場町として栄えた馬籠宿の一軒家。情緒漂う民宿をリノベーションしたもので、その佇まいはまるで江戸時代の旅籠のよう。妻籠宿へ続く旧街道はハイキングコースとして整備され、石畳の小路や木々が覆う峠を進みながら歴史散歩を楽しめます。特に馬籠宿から妻籠宿の間の8kmのコースはゆっくり歩いて3時間ほど。鈴の貸出や、歩ききると完歩証明書がもらえたりするので気軽な散歩道として人気です。

寝室は3部屋あり、畳の間に布団を敷いて寝るスタイル。家具や小物も和風に統一され、外国人ゲストのおもてなしにもぴったりです。旧街道沿いにはお土産店や飲食店が軒を連ねています。

中央自動車道中津川ICから車で約20分の一軒家は、1泊27,000円。5人を超えると1人あたり4,000円の追加料金がかかるので、12人で泊まると1人あたり約4,583円です。

清流のせせらぎが響く山間の古民家/岡山県苫田郡鏡野町

中国山地を見上げる岡山県北部にある一軒家。重厚な瓦屋根が貫禄たっぷりの家構えは、築120年を超える古民家を改装したもの。周辺には、断崖や滝が連なる奥津渓やオオサンショウウオが生息する白賀渓谷など、西日本きっての沢歩きスポットが点在しています。

和モダンのリビングは、カップルでも家族でものんびり過ごせる寛ぎの場所。トレッキングがてら季節の山菜や川魚を仕入れて、囲炉裏を囲んでの団欒なんていかがでしょうか。

中国自動車道院庄ICから車で約50分の一軒家は、1泊5,200円。1人を超えると1人あたり3,800円の追加料金がかかるので、6人で泊まると1人あたり約4,033円です。

日本の原風景を探訪できる山村の伝統的建築物/愛媛県喜多郡内子町

四国西部の南予地方にある一軒家。山の斜面に連なる棚田や、芝居小屋を中心に広がる商家など、町のあちこちに古き良き集落の風景が保存され、里山歩きやサイクリングの拠点として注目されています。格子窓や瓦屋根を残す外観が、周囲の風景や町並みと静かに融合しています。

2017年11月にリニューアルオープンしたばかりのため、内装や設備はどれも新しく清潔。吹き抜けの天井から吊るされたハンモックや、四季の草花を鑑賞できる中庭が、心や体をリラックスさせてくれます。

寝室は1階に1部屋と2階に2部屋。それぞれの階にバスルームとトイレが用意されているので、友人とシェアして利用することができます。

内子駅から徒歩約20分の一軒家は、1泊37,400円。1人を超えると1人あたり2,700円の追加料金がかかるので、6人で泊まると1人あたり約8,483円です。

森林と渓谷を満喫できる大自然の中の邸宅/熊本県上益城郡山都町

九州のほぼ中央、阿蘇山を北に望む一軒家。庭の目の前には御船川が流れ、釣りや川遊びを楽しむことができます。九州のグランドキャニオンと呼ばれる蘇陽峡までは車で約1時間。トレッキングやカヌーが盛んで、新緑や紅葉シーズンは多くの観光客で賑わいます。

築160年の古民家ながら、隅々まで手入れの行き届いた庭や部屋は、親戚の家のように心が落ち着く空間。囲炉裏や五右衛門風呂など、ところどころに楽しい仕掛けが。

寝室は2部屋あり、川の流れに耳を傾けながら穏やかな時間を過ごすことができます。近くには天文台があるほど星空ウォッチングにはぴったりで、雲のない夜は天の川もばっちり。

九州自動車道御船ICから車で約30分の一軒家は、1泊11,000円。2人を超えると1人あたり3,000円の追加料金がかかるので、8人で泊まると1人あたり3,625円です。

雄峰を仰ぐオールシーズン型アウトドアリゾート/北海道虻田郡倶知安町

上質の雪を求めて世界中からスキー客が集まるニセコエリアの一軒家。外壁に杉の古材を使用した4LDKで、3階のリビングからは無雪期に登山が楽しめる羊蹄山を一望。峰へと続くルートを思い描いたり山頂からの風景を思い起こしたりしながら、その勇姿を独り占めすることができます。夏場なら羊蹄山やニセコアンヌプリの登山も楽しみ。高山植物を愛でながら本格的なハイキングに挑戦してみてはいかがでしょうか。

背後にはスキー場が点在するニセコアンヌプリが迫り、春から秋にかけてはトレッキングや熱気球体験に挑戦できます。周辺にはアスレチックやラフティングの人気ポイントも!

床や柱に天然木を使用した室内は、木のぬくもりが広がるリッチな空間。寝室は4部屋あるので、グループで利用してもプライベートを確保することができます。日帰り温泉や飲食店が徒歩圏内にあるので、山歩き後もアクティブに過ごすことができます。

比羅夫駅から車で約15分の一軒家は、1泊65000円。8人を超えると1人あたり10,000円の追加料金がかかるので、10人で泊まると1人あたり8,500円です。

※料金は2018年8月22日現在のものになります。

前へ ホストを応援!免許取得をサポートする「民泊新法届出セミナー」を開催
次へ 民泊の需要が高まるシーズンに向けて活用したい、予約率アップの裏技「即ギメ予約」ってなに?