ホームアウェイ 米国版 2019年 旅行トレンド調査を発表 より大型の一棟丸ごと貸切できる家での宿泊利用が増加


Tourist walking with suitcase on the street

世界最大級のバケーションレンタルサイト、HomeAway株式会社(本社:テキサス州オースティン、以下:ホームアウェイ)は、2018年のバケーションレンタル需要およびその他の調査データを基に、2019年にアメリカ人がどこでどのような旅をするかに関するトレンド予測を発表しました。

アメリカ人の旅行市場では、小さな宿ではなく、大型施設の利用が増加しています。本調査により、城と大邸宅の需要がそれぞれ55%と25%増加していることがわかりました※1。最年長では40代近くに達しているミレニアル世代※2が祖父母や家族以外の親しい人との大人数のグループでリラックスした滞在ができる旅を好んでいます。

また、2019年にアメリカ人の多くが休暇を過ごす場所としては、いくつかの人気急上昇地域を抑え、美しい州立公園のあるホッキング・ヒルズ(オハイオ州コロンバス南西部)が1位となりました。さらに、アメリカ人が普段から好む滞在先としては、ウォルト・ディズニー・ワールドに最も近い、フロリダ州のレイク・ブエナ・ビスタとダベンポート周辺の物件が不動の人気を誇り、ホームアウェイで最も予約され、最も印象的な物件として高い評価を獲得しています※3。

ホームアウェイで家族旅行のリサーチを行っているメラニー・フィッシュは、「今年の調査結果で印象的なのは、世代間の違いが明らかになったことと、それが今後の休暇の過ごし方やバケーションレンタルの活動に与える影響です」とコメントしました。

トレンド調査全文は、下記URLをご参照ください。

URL : http://hmwy.co/HomeAwayTrendReport2019

トレンド調査の概要

  • より大きな価値を求めて、より大きな家へ 

賢い旅行者は、大人数の旅行の場合、大きな家の方が宿泊費を大幅に削減できることに注目。

例:カリフォルニア・ワイン・カントリー・エステート

定員10名、1泊1名あたり68ドル (約7,684円 / 1ドル113円換算)※4

URL : https://www.homeaway.com/vacation-rental/p3503092

  • ホッキング・ヒルズ:最新の人気観光地(アメリカ国内)

ホームアウェイが抽出した過去1年間で、劇的にバケーションレンタル需要が増加した地域。

オハイオ州ホッキング・ヒルズ (130%以上のバケーションレンタル需要増)

アメリカ国内で最も美しいと言われる州立公園があり、過去3年で375%の驚異的な需要増。

  • アーカンソー州ニュートン郡(130%のバケーションレンタル需要増)

“インスタ映え”と評判のオザーク国立森林公園とグランドキャニオンがあり、小旅行に人気。

  • バージニア州ラウドン郡 (105%のバケーションレンタル需要増)

首都ワシントンD.Cのすぐ裏側に位置し、多数のワイナリーで賑わっている地域。

ワイナリーで有名なカリフォルニア州ナパ郡の人気に迫る勢い。

 

  • 時代の流れ:アメリカ国内外で人気の観光地TOP5※5

アメリカ国内

1位:テネシー州ガットリンバーグとピジョン・フォージ

2位:アラバマ州ガルフ・ショアーズ

3位:フロリダ州パナマ・シティ・ビーチ

4位:フロリダ州ミラマーとローズマリービーチ

5位:ハワイ州マウイ島

アメリカ国外

1位:パリ(フランス)

2位:プエルト・ペニャスコ(メキシコ)

3位:ロンドン(イギリス)

4位:ローマ(イタリア)

5位:フィレンツェ(イタリア)

(※1)2016年9月1日〜2017年8月31日、2017年9月1日〜2018年8月31日

ホームアウェイによるバケーションレンタル需要調査

(※2)1980年代から2000年代初頭までに生まれ、2000年代に、成人、または、社会人になる年代のことを指す

(※3)2016年9月1日〜2017年8月31日 対 2017年9月1日〜2018年8月31日

ホームアウェイのバケーションレンタル滞在評価と需要の調査

(※4)2019年3月25日~3月29日に滞在した場合の1泊1名あたりの料金

(※5)2018年8月31日までの12カ月のホームアウェイのバケーションレンタル需要

 

前へ 年末年始の繁忙期に向けて、プロフィール情報の更新をお願いします !
次へ ロマンチックな夜を約束♪ クリスマスイルミネーションを楽しむ日本の家