パノラマ画像で物件の360度閲覧を可能にする 新機能「バーチャルツアー」をローンチ ~物件オーナーおよび訪日旅行者の顧客体験を向上~


 世界最大級のバケーションレンタルサイトのホームアウェイは、自社サイト上に掲載されている物件の360度パノラマ画像閲覧を可能にする新機能「バーチャルツアー」を本日2月19日(水)にローンチいたします。この顧客視点の技術革新により、物件オーナーおよび管理者は、ウェブ上で旅行者に家の中を歩いているようなVR体験を提供することが可能になります。特により大きなスペースを探している訪日外国人のファミリーやグループが、事前に快適な滞在体験をイメージする際に役立ちます。なお、バーチャルツアーのローンチは、東京、大阪、京都、北海道、沖縄が主な対象エリアになります。ローンチキャンペーン期間中(2020年2月)は、応募要項(下記参照)に合った物件オーナーに、無償でバーチャルツアーをお試しいただきます。

 「バーチャルツアー」は、パソコンおよびモバイル向け両ウェブサイトで利用が可能です。なお、同機能は、物件オーナー個人のカメラやカメラ機能のついたスマートフォンなどで撮影された画像からプロが撮影した画像まで全てに対応します。また、プロによる撮影はグローバルで提携しているInsideMapsなどの先進テクノロジー企業と連携します。

■絞り込み検索フィルターにも対応

 ホームアウェイは、お客様からのフィードバックをもとにイノベーションを推進しています。旅行者およびパートナーが求めるニーズや要望を理解し、自社の技術やノウハウを活用したソリューションを開発し、お客様の課題解決することに注力しています。バーチャルツアーを利用すると、パートナーの対象物件は同じエリアでリスティングする他の物件よりも際立ち、双方向のショッピング経験の高まる需要に応えることができるようになります。さらに、先行して新機能を導入している海外グループサイトで証明されているように、バーチャルツアーの対象物件は、採用していない物件よりもコンバージョンが高くなる傾向にあります。ホームアウェイはエクスペディアグループとして、旅行者やパートナーのニーズや要望を理解し、テクノロジーツールとノウハウを活用することで、世界中のお客様にさらなる価値を提供したいと考えています。

 今回のバーチャルツアー開発も、エクスペディアグループのイノベーションフレームワークの一環として、旅行者とパートナーの要望を念頭に置いて開発してまいりました。

  ホームアウェイは「一棟貸しのバケーションレンタル」を専門にしており、主にファミリー、グループの旅行体験の最適化に努めています。物件オーナーは、ホームアウェイを通じて、より前もって予約し、より長く滞在し、より消費する世界中のファミリー、グループ旅行者にアクセスすることが可能です。さらに、物件予約から予約管理に至るすべてのプロセスをオンライン上で簡単に行うことができます。

 ホームアウェイは、最高の顧客体験を実現するために、当社の最先端ユーザーエクスペリエンスラボでユーザーテストを行い、全データを活用したリサーチやインサイトをサービス向上に反映しています。その一環として、昨今では、新機能「バーチャルアシスタント」を追加しました。「バーチャルアシスタント」はホームアウェイの全ての物件を対象に、旅行者の質問に物件オーナーが掲載している情報をもとに物件詳細ページ上で自動回答するチャットボット型ツールです。これにより物件オーナーは同じ質問に何度も回答する手間を省くことができます。「バーチャルアシスタント」が回答できない内容は、旅行者と物件オーナーを直接おつなぎします。
 ホームアウェイは、引き続き増加するインバウンド需要にお応えし、サービスの改善に努めてまいります。

◆ローンチ申し込み概要◆
応募期間 :2020年2月19日(水)~3月6日(金)
応募方法 : 応募期間中に問い合わせ用メールからお申し込みいただき、審査に通過された方が対象
応募資格 : 対象地域(東京、大阪、京都、北海道、沖縄)にて50平方メートル以上で丸ごと貸しの物件
150物件が対象となります。応募者多数の場合は、抽選となります。
問い合わせ: HA_MarketingJapan@expediagroup.com

前へ HomeAway、ハワイのバケーションレンタルを提供し 働き方改革推進に向けたワーケーション実証実験に協力~JAL、三菱地所、パナソニック、マイクロソフトなどが参画する「MINDS」による海外初の実証実験~
次へ 総合レビュー評価★4.8以上! インバウンド需要に沸く、東京エリアの人気上昇中物件をご紹介! ~東京の“スターホスト”に学ぶ、ファミリー&訪日客の満足度を上げる心遣いとは~